東大阪・布施のすみっこにある古着と雑貨とリペアのお店。


by browntabbyosaka
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

愛猫HAPPYとの運命




我が家の愛猫


ハッピー!


だいぶやんちゃで家の中で暴れ駆けまくる毎日



そんなハッピーも、もう3カ月が過ぎました




a0117545_10140040.jpg







ハッピーとの出逢いはまさに運命でした



店主が20年以上飼ってた猫

ペロが亡くなり

翌年にはビッケが亡くなりました


二匹とも老衰です
(100歳超えてる化け猫でした)


子供たちは、子猫を飼いたいとずっといってました


ペットショップで買う、という選択はないので


捨て猫、もらい猫に出会うまではお預けです


その時からあたしの中で次は絶対黒猫!と、なんかわからないけど感じてました



その間何件か話はあったのですが進まず…





そしてあの日は来ました!




神戸まで中山うりのライブに行った日です


中山うりが猫の歌を歌いました


わたしはなぜか涙がグワーーっと止まりませんでした


ずっとずっとペロとビッケに罪悪感があったことに気付きました


猫が老衰で死ぬことは、想像以上に大変でした


おしっこが砂のトイレで出来なくなります


トイレの手前→床→ソファ


どんどん動けなくなりあちこちでします


それを毎回毎回掃除する作業はもうストレス限界でした


だから、その度にブーブー怒って


「もう!またここでしてる!」キレっぱなしでした


ペロの時は一カ月くらい、ビッケの時は半年以上も続きました


だから死んだときの第一声は「ごめんねーーー」でした




死ぬ日がわかってたら、もっと優しく出来たのに…


子供も旦那も可愛がるだけでそういうお世話は結局あたしか!


と言い訳しつつも、やっぱりあたしの中では申し訳ない気持ちが消えませんでした





で、そのライブで猫の歌で


めっちゃ癒された!!


「ごめんね」から「ありがとう」になった!!


ビッケありがとう!

ペロありがとう!って!



で、二匹もあたしに「ありがとにゃ〜〜」って!






そのライブの帰り道なんです



ハッピーがいたのは!!




最寄り駅近くの居酒屋の前で

(そもそもライブに行かない限り、夜12時頃そんなとこ通る事は絶対無いから)



ミャ〜ミャ〜と、子猫の鳴き声がしました


!!!!!!んんんん???


ドキドキドキドキ


声を辿るとダンボールの中に


黒猫ともう1匹(色とか覚えてない)がいました


何も考えず秒殺で黒猫を抱きかかえ


店の人にお礼を言い連れて帰りましたとさ



おしまい






a0117545_10140130.jpg




猫って次元と次元の狭間を自由に行き来することができるんだって
聖霊の世界を旅することが出来る”特別”な存在
猫の不思議な行動はそう言う事実があるから
らしい。。。






a0117545_10140287.jpg









a0117545_10140262.jpg


どこの次元に行ってるの〜〜























by browntabbyosaka | 2016-10-07 09:25 | 無駄話。