東大阪・布施のすみっこにある古着と雑貨とリペアのお店。


by browntabbyosaka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

よこしま★邪




ウエアハウスでも人気の高いprisonシリーズ

今期また作ってくれました

前回買いそびれた方!チャンス!






PRISONER PANTS




a0117545_13291653.jpg




18500円+税

size 32.33.34.36in

cotton100%



a0117545_13291692.jpg



ウエアハウスHPに

このパンツにまつわる、すごい面白い話載ってました

シェアさせて頂きます


Prison clothingには多くの説がある。なぜ太い縞模様の柄になったかをひも解くと、ヨーロッパでは古くから二色の糸で織る縞柄を「異端」の象徴としている。キーボードで「よこしま」と入力して「邪」と変換されたときにそれは読んで字の如くと納得できる。
イギリスのニューゲート刑務所では1815年からこのボーダー柄を採用しているが、その理由は単に「生地が供給しやすい」こと、そして「囚人を監禁するために適している」ということと記載されている。
アメリカでは州によって囚人服は違う。無地のつなぎのような州もあれば、ボーダーもあり、そのボーダーも色が違う。これは州によって、公共作業などの囚人に課する労働内容に関係している。
軽犯罪によって収監されている囚人達は、公共作業のために屋外へ駆り出されるので、逃亡を防ぐために誰が見ても囚人であると判読しやすいユニフォームが必要であり、森林や水辺に逃げ込んでもすぐに視認できる色柄を選んで着用させていたと推測できる。



ますます履きたくなりました?笑

それとも聞きたくなかった?

ごく普通のマリンパンツと思っていたかった?





a0117545_13291684.jpg







a0117545_13291749.jpg


生地はこだわりの
セルビッチストライプ!

セルビッチとは
旧型織り機で織られたデニム生地のこと(両端に耳がある)
生地巾が短い為、どうやら昔は生地を縫い合わせていたようです
そこもわざわざ再現してます!!




a0117545_13291709.jpg











そして、ジャケットも入荷しました!





PRISONER JACKET



a0117545_13331707.jpg



27500円+税

size 38.40.42

cotton100%



a0117545_13331837.jpg






a0117545_13331949.jpg



店主は襟なしを持ってて、随分着てます

「襟ありもいい!!!」



a0117545_13331926.jpg


※グラサンは↓この時購入〜





報告が遅くなりましたが

先日のMEGANE ROCK☆

大大大盛況でございました!

初めてお会いした雨田氏は、、、

イケメンだった☆





a0117545_13291789.jpg



あっ!

BROWNTABBYWORKSのベレー帽かぶってる!



a0117545_13291894.jpg



皆さんお気に入りを見つけたようです!



私は少ししか店頭に立てなかったので

詳しい様子は分からないのですが

(それでも、めーーっちゃおひさのお客さん3組と会えた!子供が大きくなっててお互いびっくりΣ(゚д゚lll)嬉しかった〜〜)



雨田氏を駅まで送って

帰宅した店主のテンション!!

ヤバかった!笑

この日がどんな1日だったのか

手に取るようにわかりました

そーとう楽しかったようです



インスタで知り合い(今のご時世……ねぇ。)

こうしてトランクショーをするまでになるなんて。。。

よっぽどお互い惹かれるナニかがあったのでしょう

(なんか顔や雰囲気も似てる。だからと言って店主はイケメンではない。)


人のご縁とは、きちんと決まっているのですね


また来年絶対やります!!

約束しました☆










[PR]
by browntabbyosaka | 2016-05-18 12:06 | WARE HOUSE…