東大阪・布施のすみっこにある古着と雑貨とリペアのお店。


by browntabbyosaka
カレンダー

<   2011年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧





BROWN TABBY WORKS…1960’s-denim painter pants

SIZE:33.34.36

¥20790
a0117545_15173377.jpg



ひさびさのデニム。


揃えたのは3本。


ダメージなしで


まぁまぁの色落ち。







3本とも異なるツギは

温もりある1点モノに仕上がております。
a0117545_15223355.jpg


明日27日(日曜)店頭へ。









愛用して生まれる傷

繕って生まれる愛着

繕い方は自由

自由な繕いから生まれる個性。

繕われ進化してきた

『モノ』

a0117545_1532228.jpg


a0117545_1537790.jpg


MEJI~TAISHOU(1800-1920)

SIZE:68×180









a0117545_15373680.jpg


a0117545_1538027.jpg


a0117545_15382487.jpg


MAJI~TAISHOU(1800-1920)

SIZE:130×200




繕い美ある『モノ』



入荷しました。
[PR]
by browntabbyosaka | 2011-02-26 15:42 | BROWNTABBYWORKS | Comments(0)

『ココニシカナイモノ』




最近紹介した

ペイント汚れの激しい

経年美溢れる白のオーバーオール。

a0117545_13582514.jpg





確定申告が控えていても…。

リペアが溜まっていても…。

展示会ラッシュでも…。




頭の中は…。


『あのオーバーオールのような経年美を施したい。。』


という思いでいっぱい。





そして、いてもたってもいられず



ついに施した。




BROWNTABBY WORKS…1960’S-US MILITALY WHITE CHINO

SIZE:w-32in

¥14490
a0117545_14258.jpg


言わばパクリ。。







試行錯誤をし

手間を掛け

こつこつ


パクル。





生地にしっかりと染み込んだ塗料

a0117545_1513371.jpg


掠れや濃淡

塗料の重なり加減


どの色が最近付いて

どの色が古いのか?




一色ずつ施す度に洗う。





汚し

洗い

乾かし

汚す。




塗料以外の汚れも…
a0117545_15123568.jpg

錆び汚れ。



塗料の集中する箇所。

利き腕を想像させる
リペア痕の位置。

リペアされた時期。







さまざまな

妄想と

手間…



なにより

あのオーバーオールと

依頼者への

感謝!





まだまだ試行錯誤は続きますが…。

ココに完成!


『ココニシカナイモノ』



BY BROWNTABBY
[PR]
by browntabbyosaka | 2011-02-25 15:34 | BROWNTABBYWORKS | Comments(0)

『ココニシカナイモノ』







BROWN TABBY WORKS…1950’s -U.S NAVY sailor Pants

W…34in

¥16590
a0117545_16185139.jpg


資材に限りがある

船の上




あてられる布は、国旗だったり…

冬服だったり…。



こうして繕われた

誇り高き海男の

夏パンツは








愛国心溢れるパンツに仕上がった。


a0117545_16245014.jpg






※ベースとなるパンツを

寸胴鍋の中に入れ

コーヒーで2時間炊き。

古き時代の赤白のファブリックを

ツナギ

星条旗を思わせる紅白ボーダーから繕いました。








愛国心溢れる『ココニシカナイモノ』


繕って入荷です。
[PR]
by browntabbyosaka | 2011-02-23 16:39 | BROWNTABBYWORKS | Comments(0)

海・陸な『モノ』





new

SPIKI…TOTE BAG(made in U.S.A)

SIZE:M・L

¥14490(M)

¥16590(L)
a0117545_11463494.jpg


マリンを思わせるロープな取っ手に

山を思わせるヘリンボーンな迷彩。






ずっと前から見慣れた


定番な雰囲気すらある。
a0117545_1243441.jpg


船の滑車などに使用されるロープは

バック全体をぐるりと

くるみ



荷物の少ない時も、姿勢良い

“立ち”姿を形成してくれる。







肩に掛けても

手に持っても
a0117545_12114427.jpg

心地よく吸い付く


肉厚で柔らかなレザーは


飴色になるのを待ち遠しくもさせる。









中地には
a0117545_12152040.jpg

オフシロな8号帆布が張られ

内壁沿いに、3つのポケットが

使いやすそうな深さで施されてあり










淡いトーンで構成されたヘリンボーン迷彩は
a0117545_1220340.jpg

まさに

海と陸を得意とした

U,S,M,C(海兵隊)を

思わせる仕様。













海も山も


男も女も


季節も問わず


新・古も問わない





トートバック。






U.S.Aよりツートンと
a0117545_17212150.jpg




M.Lのサイズを揃えて
a0117545_17224033.jpg







少量入荷です。




海も山もな『モノ』←購入頂けます。
[PR]
by browntabbyosaka | 2011-02-21 17:28 | new… | Comments(0)

物語あるモノ


オーバーオール。

実は、繕い終り


依頼主のもとへある。





真っ先に、見てもらいたい

という思いもあるが…






そこには、何より愉しみがある。






サプライズに似た愉しみが…。





a0117545_1854485.jpg
a0117545_18554735.jpg



どうなるか?


どんな風に繕われるか?


イメージはあるが…。


想像できない完成図。






『こんなとこ破れてたっけ?』な

あて布や
a0117545_19284721.jpg

ボディー色に合せず

付着したペンキ汚れに合せたあて布。






すべては、依頼主を思い繕う。





母が子を思い

妻が夫を思って

繕ったかのように…



人を思い繕う。









そこから生まれる物語。
a0117545_19405794.jpg

母が子供を思い

縫い付けた小さなポケットは

何が入れられていただろう?








そんな想像をし

愉しみながら繕った。








a0117545_1950203.jpg






物語りある繕い。





RIPAIR BY BROWNTABBY
[PR]
by browntabbyosaka | 2011-02-19 19:59 | 繕う。 | Comments(3)



先日、紹介した

経年美あふれるオーバーオール。




さまざまな妄想をし

成りすます人物を特定する。







オーバーオールのサイズから…

アメリカへ移民した

日本人に成りすます。




1900年代初め

沢山の、日本人がアメリカに渡った。



その数は1920年代で11万人とも言われている。




そんな、移民してきた日本人を祖母や母に持つ

2世~3世の着ていた

作業着に

仕上げる。







使い古した

風呂敷だったり

着物だったり

仕事着だったりを

粗末にすることなく


あてたであろう

補修。
a0117545_18554833.jpg

不慣れなミシンを使ったり

やっぱり手縫いに落ち着いてみたり…。。












そんな想像をし

繕い
a0117545_1942115.jpg



日本人というフィルターを使い

施す

直し。







RIPAIR  BY BROWNTABBY
[PR]
by browntabbyosaka | 2011-02-16 19:15 | 繕う。 | Comments(0)

誇りある海『モノ』





DEAD STOCK…italy navy sneaker

SIZE:42・43・44・45

¥6825
a0117545_12275072.jpg


フランスのspring court

イタリアのSUPERGA

を思わせる容姿は



ヨーロッパならでは。







つま先に施された

細かな正方形の溝。
a0117545_12363542.jpg



水はけを良くし、傷を目立ちにくくするという

軍モノならではな

工夫。








ソールは
a0117545_12391888.jpg

古き時代のコルクソールの名残から

ブラウンラバーが施され

グリップ力ある凸凹が












目の粗いキャンバスは
a0117545_12472026.jpg

コットンであることで乾きやすいとされ



短めなシューレースは

踏んだり引っ掛けたりしないよう



工夫された


海軍ならではな仕様。









さまざな工夫が施された

誇りある

海軍モノ
a0117545_12541227.jpg


42~45までのサイズを揃えて

入荷です。





誇りある海『モノ』←購入していただけます。
[PR]
by browntabbyosaka | 2011-02-16 12:57 | used… | Comments(0)

経年美。



この連休に、はるばる

東京より

布施のすみっこに

持ち込まれた。




経年美あふれるモノ。

a0117545_192634.jpg









加工にはない

リアル。


塗料の材質。

塗料以外の汚れ。

古き時代の繕いと

古き時代の布を用いた近年の繕い…。
a0117545_1971879.jpg


a0117545_1975724.jpg


どんなに

時代遅れになっても

人から人へ受け継がれ

愛用されて




進化してきたモノ。
a0117545_19155164.jpg


a0117545_19214416.jpg




見ているだけでドキドキする経年美。


どんな布をあてようか?

縫い糸の番手は?

どこを手縫いで?どこをミシン?

どんな人が着てたん?



さまざまな妄想を膨らませ…。。





もうしばらく眺め


繕います。
[PR]
by browntabbyosaka | 2011-02-13 19:26 | 繕う。 | Comments(2)

思い切る愛用





1960’s-dead stock BABY underwear

SIZE:4~10

¥2100
a0117545_17555133.jpg


ロンパースのようなツナギ…。











だった。。

















裏は起毛で半袖

前釦で股釦なし。。。






赤ちゃんのいる人なら

一目で、『面倒くさい!!』

と思う仕様









おしめ替えは?

夏用??

…でも裏起毛。。









面白がって、仕入れたものの


これもまた


俺のミス。。。





案の定、思い切る!








切ったのは、腰から下。
a0117545_18205683.jpg

一番下に身に着けるモノから

一番上に羽織るモノへ








前釦で裏起毛!!
a0117545_18274285.jpg

これなら

列記とした夏用!















後ろは

a0117545_18294741.jpg


用をたす窓を

センターベントのように残した。










古き良き時代の
a0117545_18453199.jpg


a0117545_18461116.jpg


a0117545_18465355.jpg


趣が小さく凝縮された

未使用なモノ。









SIZEも揃えて

a0117545_18583181.jpg

  ...
思い切って入荷です。












思い切る!という愛用してみては?










※明日2月11日(金祝)はPM1:00~OPENです。(遠方の方お気お付けください)
[PR]
by browntabbyosaka | 2011-02-10 19:06 | used… | Comments(0)

小さな拘り。







BROWNTABBY…スソ上げ

price:¥500~。


a0117545_10304862.jpg



レングス優先で


ギリギリにスソ上げされた


US NAVYの DENIM PANTS。








スソにステッチ幅がない為

なんだかマヌケ。



年代も古く

色も濃い。




まだまだ、経年変化も楽しめそう。






……でも、やっぱりスソが気になる。。












そこで一手間施す。
a0117545_10534725.jpg



100年モノの麻袋を裂き

スソにツギ

ステッチ幅を持たす。












一度洗うことで
a0117545_1055312.jpg

縮率差からアタリが生まれる。











ロールアップも
a0117545_10571940.jpg

いつもとは違う表情で愉しめる。











古き時代

仕立て屋がワークウエアに

施したスソ上げ。








BROWNTABBYの小さな拘り

繕います。
[PR]
by browntabbyosaka | 2011-02-09 11:04 | 繕う。 | Comments(0)