東大阪・布施のすみっこにある古着と雑貨とリペアのお店。


by browntabbyosaka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

『ココニシカナイモノ』






BROWNTABBY WORKS・・・・"HOBO BANDANNA STOLE”

COL:RED/BLU/CRZ

¥15750





a0117545_12124830.jpg








a0117545_12131326.jpg








a0117545_12133687.jpg








a0117545_12135917.jpg




ホーボー:「仕事を探しながら列車に乗って各地を転々と旅する人たち」を意味する言葉。

19世紀後半になってアメリカは、全米に鉄道網がひかれました。

ちょうどこの頃は不況の時代で職を見つけるのが難しかったため

19世紀の終わり頃、1890年頃から20世紀の前半にかけて

鉄道に無賃乗車しながら職を求めて大陸を根無し草のように放浪する人たちが現れました。

彼らは、基本的には未組織の季節労働者であり、ときには働いてお金銭を稼ぎ、1ヵ所に留まることなくすぐ

に次の土地へと移動する…という行動を繰り返していました。

無賃乗車をしているので、鉄道会社の人間や保安官などに見つかると罰せられ。

鉄道会社が雇った用心棒に無賃乗車を見つかると、殴る蹴るの暴行を受け、半殺しの目にあったそうです。

しかし彼らは、時には助け合いながらあらゆる知恵を駆使して無賃乗車に挑戦し続けました。

列車の屋根に乗って移動する人も少なくなかったそうです。

無賃乗車という行為を続けることが、彼らにとってはある種の「誇り」でもありました。


HOBOの語源も、日本人移民が「方々に行く人たち」という意味で「方々、ほうぼう、ホーボー」と呼び始め、

それが英語のH0B0になったという説もあります。

〈インターネットより引用!!〉






そんなHOBOカルチャーだからこそ

最小限の荷物や衣類に

工夫や知恵が沢山詰めらていたと思います。

もちろん、着用していた衣類には沢山のリペア跡や

渡り歩いた州の名前など

思い出や愛着が刻まれたモノもHOBOを魅了する一つです。




長くなり、すみません。。




a0117545_1231108.jpg








a0117545_12314370.jpg







a0117545_12321235.jpg







a0117545_12323768.jpg







a0117545_12325898.jpg







a0117545_12331896.jpg







a0117545_12334874.jpg







a0117545_12341412.jpg







a0117545_12343881.jpg



そんな、HOBOのアイコンでもあるBANDANNAを

いつまでも愛用して頂きたく

リペアを施したストールに仕上げました。


繕いながら・・・

愛用してください。



『ココニシカナイモノ』

BY BROWNTABBY WORKS
[PR]
by browntabbyosaka | 2013-08-29 12:42 | BROWNTABBYWORKS | Comments(0)